次世代のIT育成支援

私たちの想い

急速なITの進化によって、スマートフォンをはじめとする情報端末は私たちの生活に欠かせないものになってきました。その一方で日本の国際競争力の低下は大きな課題となっています。
DeNAはITを活用することで、大きなインパクトのあるビジネスを創出したり、社会の課題をより効率的に解決したりできると考えています。そのためには、ITを理解し活用していける人材の育成が急務です。
DeNAは、プログラミング教育やインターネットの啓発活動など、成長過程に合わせたコンテンツを通じ、ITの利便性と課題を理解した上で積極的に活用していける人材の育成を支援しています。これからを担っていく次世代が、ITを通して世界にインパクトを与える人材になること、それがDeNAの願いです。

成長過程に合わせたコンテンツの提供

  • 小学生

    ネットマナー啓発活動

    プログラミング教育

  • 中・高校生

    ネットマナー啓発活動

    キャリア教育

  • 学生・社会人

    実践的な育成支援

    教育現場への講師派遣

小学校でのプログラミング教育支援の取り組み小学生

DeNAは、2014年6月より、佐賀県武雄市、DeNA、東洋大学の産官学連携の取り組みとして、公立小学校の1年生に向けたプログラミング教育を開始しました。2017年には、これまでのプログラミング授業を通して得たこどもたちの使用感や、現場の先生の意見を反映しながら開発された無料のプログラミング学習アプリ「プログラミングゼミ」をリリースし、子供たちの学びを支援しています。
当社としては、幼少期の言語教育のひとつとしてプログラミングを学習することで、ITのスペシャリストが育つだけでなく、多様な個性や得意分野を持った子どもたちが育ったときに、様々な分野からITと連携した新しいアイデアやサービス、作品が生まれてくると考えています。

プログラミング教育に関するお問合せは、pro_edu@dena.comまでご連絡ください。


川崎修平(DeNAフェロー)「プログラミング学習教材のコンセプトとそれに込めた想い」会見

詳細はこちら

企業訪問学習の受け入れ小学生中学生高校生

主に中高生の社会学習の一環として、ヒカリエ本社での企業訪問学習の受け入れを行っています。
企業訪問学習では、
1.インターネットおよびゲームのサービスを知り、働くことを考えるきっかけとしていただく。
2.インターネットでのマナーを理解し、安心安全に利用できる力を身につけていただく。
を目的としています。
普段の学生生活では味わえない企業の現場を体感していただき、キャリア形成に役立つことを願っております。

詳細・お申し込みはこちら

青少年へのインターネット啓発の取り組み中学生高校生保護者

今後インターネットを活用して成長していく子どもたちが、安心・安全にインターネットを利用できるよう、DeNAでは青少年へのネット啓発の取り組みを行っています。業界団体を通じてさまざまな形式で活動を行うほか、「Mobage」サイト内での青少年保護の取り組みや、インターネット啓発コンテンツを提供しております。今後もインターネット企業として、安心・安全なインターネット利用を広める活動を続けてまいります。

  • インターネットの安心・安全な利用についての教材(リーフレット)提供啓発リーフレットでは、インターネットやスマートフォン利用時のトラブル事例や注意点、またトラブルを防ぐポイントなどを、4コマ漫画を交えて子どもたちにも理解しやすいようまとめています。このリーフレットが、子どもたちが自分のインターネットやスマートフォンの利用方法について考えるきっかけを提供し、また学校関係者や保護者の皆さまにも、生徒やお子さまと「安心・安全なインターネットの使い方」ついて話し合う機会となることを願っております。
    leaflet

詳細・リーフレットのダウンロードはこちら

  • マナー&セーフティDeNAは、「Mobage」を安心・安全にご利用いただけるよう、サイトの健全化に努めてきました。「Mobage」サイト内では、利用者と保護者の皆様に、ケータイでの健全なネット利用について理解を深めていただくためのコンテンツ「マナー&セーフティー」を掲載しております。
    マナー&セーフティマナー&セーフティ

IT人材のキャリア支援学生・社会人

DeNA TechCon
DeNA TechCon(テックコン)は、2015年よりDeNAの技術に関する取り組み・チャレンジを発信するテクノロジーカンファレンスです。DeNAが幅広く様々な事業で技術を活用していることについて広く知っていただくことで、世の中の技術の進歩・進化に役立ちたいと考えています。

DeNA TechConの様子

BIT VALLEY 2019(ビットバレー 2019)
2018年からIT企業4社(DeNA、サイバーエージェント、GMOインターネット、ミクシィ)の共催で発足したプロジェクトです。
「BIT VALLEY 2019」は、日本全体のモノづくりの底上げを目指し「モノづくりは新たな領域へ」をコンセプトに、エンジニアだけでなくIT業界の「モノづくり」に関わる全ての人を対象としたカンファレンスイベントとして実施されました。

「BIT VALLEY 2019」のカンファレンスの様子