従業員とともに

DeNAの健康経営宣言

当社は、大切な仲間である社員が安心して心身共に最高のパフォーマンスを発揮できる組織を目指しています。労働時間や衛生環境 をはじめとする健康管理全般を担う人事総務部門、常駐の産業医・保健師に加え、2016年に社員の健康サポートを行う専門部署で あるCHO(Chief Health Officer)室を設立しました。

CHO室は、健康への取り組み方針として5箇条
(①Smile ②Positive ③Diverse ④Sustainable ⑤Collaborative)を定め、主に運動、食事、睡眠、メンタルの4分野において、定期的な従業員アンケートの結果から見える課題を中心に、社員のヘルスリテラシー向上につながる取り組みを行っています。

当社では、一人ひとりの人生が豊かでパワフルになることが、企業がより良いサービスを提供する活力、ひいては自社の発展につながると考えています。今後もヘルスケア事業や社内の健康サポートに関する取り組みから得た知見を、社員にとどまらず、ご家族や当社が関わるステークホルダーの皆様、地域、全国へと積極的に広め「健康が当たり前の社会」の実現に向けて取り組んでまいります。

活動実績

社員アンケートの結果やリクエストをもとに食事、運動、睡眠にまつわる様々なセミナー、プログラム、研修を社外の専門家の協力を得ながら実施。社員の健康スイッチをONにするきっかけにもなっています。2016年度は健康関連セミナーを100件近く開催しており、2017年度は重点課題にテーマを絞って取り組んでいます。

  • ・ウェルメシプロジェクト

    「食事が変わればカラダは変わる」をテーマに、自分に合った食生活を見つける企画。(独自ガイドラインに則ったお弁当販売、アプリ開発・運営)
  • ・腰痛撲滅プロジェクト

    「世界初の腰痛ゼロカンパニー」を目指し、社外の専門家と連携し腰痛改善プロジェクトを実施。(社内にウェルネス ルームを設置)
  • ・睡眠スキルアップセミナー

    ・睡眠改善相談会

    ・マインドフルネス講座

    ・呼吸法ワークショップ

  • ・「渋谷ウェルネスシティ・コンソーシアム」
    立ち上げ・運営(2016年度経産省採択事業)

    ・地域企業との合同イベント開催

    ・社員健康研修

    ・健康取り組みに関する講演・講義・情報発信
    (大学、ラジオ等への協力)

今後の展望・目指す未来

DeNAの健康経営が目指す未来は、健康が当たり前のスマイルあふれる社会。社員への健康サポートを軸にDeNA本社がある渋谷区から全国へ健康の輪を広げていくことです。企業の枠組みを超え、思いを同じくする人、地域企業、各分野のプロフェッショナルと一緒に、楽しく新しい健康への取り組みを積極的に行っていきます。

一緒に取り組みたい方を募集しています!
お問い合わせはコチラ
CHO室:cho_office_my@dena.jp

取材記事