医療・福祉等従事者支援のためのチャリティeスポーツイベントの運営に参画

2020年5月30日、31日に配信された、神奈川県の医療、福祉等に従事されている方々を支援するためのチャリティeスポーツイベント「One KANAGAWA Sports All-Star Cup 2020」の運営にDeNAグループとして参画、協力しました。

openrec vanila

このイベントは、神奈川県下で活動するスポーツチームの現役選手が、サッカービデオゲームでその順位を競う「eスポーツイベント」で、7競技15チームが参加しました。期間中にクラウドファンディング、チャリティオークション、企業からの協賛募集が行われ、集まった収益(寄附金から運営に係る諸経費を除いたもの)の全額を「かながわコロナ医療・福祉等応援基金」に寄附いたします。

DeNAから2選手が参加、運営面もサポート

DeNAグループからは、横浜DeNAベイスターズから上茶谷大河選手、川崎ブレイブサンダースから藤井祐眞選手の2名が参加しました。また運営面では、eスポーツ担当部門が発起人およびイベント企画・運営・映像収録・配信を担当し、新型コロナウイルス感染対策を施した収録会場提供として横浜スタジアム、チャリティオークション開催としてモバオクが協力いたしました。

今回、本イベントの発案者である湘南ベルマーレさんから、2チームの選手の出場について打診された際、大規模eスポーツイベント開催経験のあるDeNA内のeスポーツ担当部門が無償での協力を申し出たことから運営への参画が決まり、それに呼応する形で横浜スタジアム、モバオクが加わり、DeNAグループとしての協力に至りました。

感染予防策を講じた当日の運営

イベント開催にあたり、最も困難だったのは多数の競技からの選手が出場し、それぞれ拠点が県内に点在していること、それぞれネットワークの環境が異なること、感染対策の観点から一つの場所に集めることが困難だということでした。
特にネットワーク環境については試合の対戦結果にも影響するため、参加チームの方々にもヒアリングを行いましたが、やはり安定した環境であることに確証を持てないチームが多く、eスポーツ担当部門はこの課題の解決に着手しました。
様々な検討を行いましたが、やはり安定した環境を担保できるのは「運営サイドが構築した環境に選手にお越しいただくこと」でした。そこで横浜スタジアムに相談したところ、

・選手が車で来場可能
・選手とチーム関係者のみが使用できる、常時換気が可能な個室が用意できる
・入館タイミングをずらすことで、運営スタッフとの密閉空間での接触をゼロにできる

という条件が整った会場として、2019年3月にオープンした個室観覧席「NISSAN STAR SUITES」の無償提供が可能となりました。

この会場を各チームにご案内したところ、チームの意向で選手の移動が難しい少数のチームを除いた大半のチームが横浜スタジアムへの来場を選んでいただき、安定した環境での対戦を実現することができました。しかしながらクラブハウスと横浜スタジアムをつないで行われた試合では相手方のネットワークの影響もあり、試合中断が数回発生し、今後に向けた学びとなりました。

Setup
▲個室観覧席内に設けられた映像収録ブース。スタッフは一度も直接選手と対面することなく収録を完了しました。

CMOや対策本部も参画し無事開催

なお、感染症対策においては当社Chief Medical Officerの三宅(兼 DeNAライフサイエンス・DeSCヘルスケア 代表取締役医師)をはじめ、DeNA内に設置された新型コロナウイルス感染症対策本部の監修も受け、万全の体制を整えました。

イベントの内容や試合の結果はこちらにてご覧いただけます(視聴には無料会員登録が必要です)

DeNAが保有するオンラインイベント開催のノウハウや、グループ企業が保有するアセットをフル活用することで、チャリティイベントの開催に協力することができました。

新型コロナウイルスの感染拡大にあたり、医療従事者の皆様をはじめ、物流を支えてくださる方々、公共交通機関の運営にあたる方々など、地域にお住いの皆様が、それぞれの形で様々な努力をされていることと思います。本取り組みは、地域に支えられてきたスポーツチームとして少しでもお役に立ちたいという想いから、eスポーツというかたちで、最大限に感染防止に配慮し、神奈川県内のスポーツチームが一丸となって実施いたしました。
 
DeNAグループは、一日も早い新型コロナウイルス感染症の収束と、またそれぞれのグランドやアリーナで、皆様とともに試合を楽しめる日を願い、新型コロナウイルス感染症に関する取り組みを続けて参ります。

新型コロナウイルス感染症に関するDeNAの取り組み