応援動画でハマスタを盛り上げる!子ども達のプログラミング体験に密着

多くの公立小学校が夏休みを迎えた7/21から7/23にかけて、横浜DeNAベイスタ―ズの夏恒例イベント「キッズスタジアム2017」が開催されました。小学生が横浜DeNAベイスターズのいろいろな仕事を体験できる大人気のイベントです。場内アナウンスやグラウンドキーパーなどさまざまなお仕事体験がある中、特徴的なのがプログラミングを使って選手の応援動画を制作するというもの。完成した動画は、選手のウォーミングアップ中にセンターカラービジョンで放送される、他ではできないお仕事体験です。選手の絵を手に、ベイスターズファンの子ども達が到着!特別なサプライズも応援動画の制作は、横浜スタジアム近くにある「THE BAYS」で行われました。キッズスタジアム運営スタッフが待つ会場にさっそく子ども達が到着。一緒に来た保護者とは一度別れて、キッズスタジアムポロシャツを着た子どもたちが、少し緊張した面持ちで続々と集まってきます。子どもたちにはあらかじめ筒香嘉智(つつごうよしとも)選手、梶谷隆幸(かじたにたかゆき)選手、J.ロペス選手のいずれかの絵を描いてもらい、選手ごとにグループわけして席についてもらいます。 机の上にはプログラミングで動かす絵を描くための道具と、サンプルの作品が見られるタブレットを用意。開始まで去年の子ども達の作品をじっくり見て、どんな動画をつくるか真剣に考えます。そんな中、なんとセントラルリ

企業訪問学習にご参加いただいたみなさん

今週はこちらの学校にご参加いただきました。                                                                                               
●企業訪問学習
                                                                                              
8/24 富山県立砺波高等学校 20名 
                                                                                                                                                                                             
                                                                                             
ご参加いただき、ありがとうございました。

難しい、だけど楽しい!新たな小学校でプログラミング授業スタート

(この記事は、dena.com掲載の記事を転載したものです)文部科学省の次期学習指導要領(2020年度実施予定)で、小学校でのプログラミング教育が必修化されます。DeNAではインターネット企業ならではの社会貢献活動のひとつとして、2014年10月より公立小学校でのプログラミング教育を推進してきました。これまで佐賀県武雄市の公立小学校1校、神奈川県横浜市の公立小学校1校で実施してきましたが、今年6月より横浜市の新たな小学校でも授業が開始されました。今回は、その新たな学校となる横浜市立港北小学校の2年生と4年生で行われた授業の様子をご紹介します。プログラミングで何ができるの?"想像の虫"を動かしてみようまずは2年生の授業から。図工の時間で行われたプログラミング授業は、一人ひとりにタブレット端末が配布され、DeNAが開発したプログラミングアプリを使って行われます。はじめに、自宅にパソコンやタブレット端末を持っているかたずねると、ほぼ100%の児童が挙手。キーボードやスワイプなどタブレットの操作にも慣れている様子。ここで使用されるのは、ブロックを代表とする視覚的要素を組み合わせることで実行できるビジュアルプログラミング言語と呼ばれるものです。"ジャンプする"や"かくれる"などのブロックを画面で組み合わせることで、キャラクターを自由に動かすことができます。パクモンと呼ばれるアプリのキャラクタ

企業訪問学習・出張授業にご参加いただいたみなさん

今週はこちらの学校にご参加いただきました。                                                                                               
●企業訪問学習
                                                                                              
7/21 神奈川県立横浜緑ケ丘高等学校  20名 
                                                                                              
7/21 神奈川大学附属中学校      19名 
                                                                                                                                                                                            ●出張授業
                                       

企業訪問学習・出張授業にご参加いただいたみなさん

先週はこちらの学校にご参加いただきました。                                                                                               
●企業訪問学習
                                                                                              
7/14 KTC中央高等学院横浜キャンパス 18名 
                                                                                                                                                                                            ●出張授業
                                                                                              
7/12 神奈川県横浜市立早渕中学校  615名 
                                      

明治学院大学プログラミング体験会レポート こどもも学生ボランティアも成長する場に

2018年6月、明治学院大学横浜キャンパス ボランティアセンターにてプログラミング体験会『明学×DeNA「プログラミングゼミ」』を開催しました。当日は小雨で肌寒い梅雨らしいお天気でしたが、横浜市の小学生はもちろん遠い方は埼玉県から39名の子どもたちにお越しいただきました。 今回の体験会は明治学院大学で行われているボランティアプログラム「1 Day for Others」の1つとして実施されました。明治学院大学の学生が企画しDeNAにお声がけいただいたことで開催が決定。大学1年生~3年生7名が参加し、DeNAのプログラミング教育推進メンバーとともにイベント企画から参加者の募集、当日の運営までご協力いただきました。まずはボランティアメンバーも『プログラミングゼミ』を初体験プログラミング体験会では、DeNAが開発した小学校低学年向けプログラミング学習アプリ『プログラミングゼミ』を使うため、事前に学生ボランティアにレクチャーを行いました。まずはアプリ内のキャラクター「そらもん」をブロックプログラミングで動かしケーキを食べるというパズルにチャレンジ。答えは何通りもありますが、いかにシンプルなブロックの組み合わせでケーキまでたどり着くかというのを考えると意外と悩む学生も多いようでした。 ▲プログラミングゼミに初チャレンジ!大学生もちょっと悩んでいるよう......? プログラミングゼミでは、自