リスクマネジメント

DeNAグループの損失の危険の管理に関する規程その他のリスクマネジメント体制

・執行役員、本部長、部長等の各組織の長は各組織単位で、担当する事業及び業務上のリスクを分析・評価し、これを管理します。

・コンプライアンス・リスク管理部門は、以下を実施します。
DeNAグループにおけるリスクマネジメント・フロー(リスクの把握、管理、モニタリングに係る一連のフロー)を統括し、各部門におけるリスクマネジ メントをサポートします。
  • 経営企画部門、内部監査部門及び各種リスク管理関連委員会と連携し、DeNA グループの事業上及び経営上のリスクを網羅的に把握し、リスク の分析・評価 及びその対策をまとめ、継続してリスク情報を一元的に管理し、モニタリングします。当該管理・モニタリングの状況については、取締役会、監査役及び経営会議に定期的に報告するほか、当社の取締役会及び経営会議並びに必要に応じて連結子会社における取締役会の審議・決 議事項についてコンプライアンス・リスク管理部門としての意見を付すものとします。
  • カスタマー・サービス部門、広報部門、内部通報制度を運用する内部監査部門等と連携し、リスクにつながる一次情報を把握します。
  • 不測の事態が発生した場合は、危機管理対応フローに則り、迅速かつ的確に報告・連絡及び対応を行います。

・コンプライアンス・リスク管理部門の責任者は、代表取締役及び執行役員の業務執行判断におけるリスク情報の認識・解釈に疑義があるときは、その判断で当社の経営会議、取締役会または必要に応じて連結子会社における取締役会に対して直接疑義を表明することができます。

・コンプライアンス・リスク管理部門の責任者は、取締役会決議により選任または解任されます。

・個人情報を含む情報資産の保護・管理及び法令等への対応の決定等については、DeNAグループの事業運営上重要度が高いため、社長を委員長とする委員会の専管事項とし、当該委員会の基本方針に基づき、コンプライアンス・リスク管理部門と連携し、情報セキュリティ部門において運用します。

・コンプライアンス・リスク管理部門及び内部監査部門は、内部監査、内部通報その他方法の如何を問わず、重大な法令または定款違反及び不正な行為並びにDeNAグループに著しい損害を及ぼす恐れのある情報を把握した場合は、速やかに当社取締役(利害関係が生じる可能性がある取締役は除く)及び監査役に報告します。

リスクマネジメント体制の運用状況

・DeNAグループの各組織は、組織単位ごとにリスクマネジャーを任命し、コンプライアンス・リスク管理部門と連携して事業及び業務上のリスクを洗い出し、分析・評価(分類・定量化)の上、その対策をまとめ、管理を行っております。

・コンプライアンス・リスク管理部門は、DeNAグループの各組織と連携し、各組織において洗い出し及び分析・評価されたリスク並びにその対策に係る情報を一元的に管理し、モニタリングしております。また、内部通報制度の運用に加えて、カスタマー・サービス部門、広報部門等と常時連携し、リスクにつながる一次情報の把握に努めております。

・コンプライアンス・リスク管理部門は、DeNAグループにおけるリスクの管理及びモニタリングの状況や、リスク低減のための取組みの内容等を定期的に取締役会に報告しております。

・DeNAグループは、不測の事態が発生した場合において適時の情報共有と迅速な対応をより一層可能とすることを図り、危機管理対応フローを見直し、研修等を通じこれを周知しております。

・当社は、「情報セキュリティ管理委員会」及び「個人情報管理委員会」を定期的にまたは必要に応じて開催し、当該委員会において、DeNAグルー プにおける情報資産の保護・管理及び法令等への対応に関する実務方針を定めるとともに、当社グループの情報セキュリティ及び個人情報保護に関する具体的な施策の決定及び進捗状況の確認・監督を行っております。